スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーラークッカー!!「かるぴか」工房あまねさま訪問!!

私たちの会では
身のまわりにある使っていない自然エネルギーに焦点をあて
どのように使ったらもっと生活が豊かに楽しくなるだろうか、
そんな思いで活動しています。

エネルギーというと目に見えないもの。
でも太陽のエネルギーや森のエネルギーは
それぞれ特徴があります。

これらのエネルギーを使って
皆さんに少しでもハッピーなひとときを提供したい。
難しい話は抜きにして、五感で感じてもらう、
そして、自然エネルギーについて語らう。

町内のイベントなどで
「自然エネルギーカフェ」と題して
信濃町のおいしい水から自然エネルギーでお湯を沸かし
コーヒーなどを提供する空間をプロデュースしています。
enecafe

「自然エネルギーカフェ」でお目見えする
写真右下のソーラークッカー「かるぴか」の
開発製作者の工房あまねさんを今回は、訪問・見学してきました!!

あまねさんHP

工房あまねさんは、長野県佐久市内にあります。
開発製作者の滝沢さんは、
キッチンの油除けに使うアルミのレンジカバーからつくった
簡易式のソーラークッカーをみて、
もっと効率よく、誰でも気軽に太陽熱を利用できるツールはできないだろうか
と思い、ご自身の特殊部品加工で培った技術を駆使して
パラボラ型のソーラークッカー「かるぴか」を生み出したそうです。

P1020793.jpg


ソーラークッカー「かるぴか」は、すべてアルミでできていますが、
反射板の鏡面も特殊加工されたアルミ板が使われています。

簡単に壊れないような工夫、
また、お料理の煮汁がこぼれても
錆びたりしないように、下の部分のねじは、ステンレス製を使うなど
滝沢さんの製品に対する思い、使い手のことをよく考えているなと
みんなで「へー」と感動することがたくさんありました。

実は、「かるぴか」くんの横に
お料理でつかう「お玉」のひっかけねじがあると教わり
「えっ、そこまでお気遣いを!!」と
意外な主婦目線に感動しました(笑)

「かるぴか」くん本体の製作秘話に感動していましいたが、
さらに感動したことがあります。

「ソーラークッカーだけでは、熱を有効につかうのに限りがあるので、専用鍋もつけちゃいました!!!」

と滝沢さん。

そうなんです!!

工房あまね特注のソーラークッカー鍋が標準装備!!
黒い塗装と取っ手やつまみが白いので、溶けない工夫が施されています。

専用鍋で1Lの水が晴天時に約38分くらいで沸騰します。

卵焼きを焼いている動画はこちら→「かるぴかで卵焼き」

「かるぴか」くんのあとで
「おやぴか」もみせてもらいました。
こちらは、組み立て式なのですが、火力は500W(天候によります)も出るようです↓↓↓


P1020815.jpg

このように部品が分かれています。

P1020807.jpg


アメリカのソーラーオーブンも見せてもらいました!!

太陽の集め方はずぼら=おおざっぱですが、熱を集積して温室効果で
クッキングするタイプです。

P1020799.jpg


しなの町自然エネルギーを考える会では、
工房あまねさんのソーラークッカーの
代理店
となるべく準備していきたいと考えています。

シンプルですが、太陽の位置を自分で調整したりと
ローテクなところが面白い、おちゃめな道具。

人と自然のかかわり方をもう一度考える楽しいツールとして
工房あまねさんとともに、ソーラークッカーを広めていきたいと思います!!

滝沢さん、ありがとうございました!!

(唐木)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エコエネ@しなの町

Author:エコエネ@しなの町
私たちは、信州黒姫の信濃町という自然豊かな地域で、エネルギーの地産地消を少しでも多く実現して、持続可能な社会を目指したいと頑張っている住民団体です!!応援よろしく願いします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。